カテゴリー
土曜

童貞好き

 流瑠(るる)は、ハーフ顔の同い年。
19歳の女子大生でした。
誰もが知るメジャーなマッチングアプリの中で知り合いました。
大変魅力的な女の子ですが、彼女にはちょっとした秘密があったのです。
それは“童貞好き”だったのです。
魅力たっぷりの女の子を引き連れて、初めての経験に成功しました。

 工業大学に通ってしまったため、絶望的な世界で生きていました。
工業大学にも女の子は、本当に僅か存在しています。
しかし、こちらにお鉢が回ってくることはありません。
よって、出会いがなく寂しい日々を過ごしていました。
童貞卒業したかったのです。
しかし、現実の世界では厳しそう。
そこで、マッチングアプリを利用してみました。

 流瑠とのやりとりは、まさに運命的と言えるものでした。
なんと言っても彼女、童貞好きな性格だったからなのです。
通話をしている時、顔を見せてもらったら驚愕しました。
童貞のセフレを探すきっかけとなった中出しされた体験
なんという端正な顔立ち。
ハーフ美女の雰囲気を持っていたからです。
この魅力的な顔で、童貞好きなんて信じられませんでした。

 話の流れから、待ち合わせに応じて貰えました。
あながち、童貞好きは嘘じゃないなって思いました。
カフェで話をすることになりました。
それでなくても女の子に慣れていない自分。
綺麗な顔立ちの女の子を目の前に、緊張しました。
モジモジしていたためか、流瑠から「どうする、経験してみる?」と言い出してくれて。
無言で首を縦に振ってしまった自分でした。

 童貞好きの綺麗な顔立ちの女子大生とホテルの中。
この夢のような展開に、女の子のいない世界で生活してきた男はバラ色を感じてしまったのです。
キスもさせてくれました。
裸にして、美しい肉体を食べていきました。
美女のフェラに、心臓が爆発寸前。
射精してしまう前に、挿入を開始していきました。

 魅力たっぷりの女の子のオマンコで男になれ納得しまくり。
その後もイチャイチャタイムをたっぷり楽しみ、ホテルをあとにしました。
素人とセックス
即ハメ

カテゴリー
水曜

お金をください

息子が海外留学したいって言った時、俺、覚悟を試すために「ちゃんと海外留学して何をしたいのか、アピールして見ろ、プレゼンやってみろ、俺を納得させろ」と言った。
ちょっと大人扱いして「プレゼンやってみろ」とは言ったけど、パフォーマンスしろとは言ってない・・・
とある日曜日の午後、息子が俺に話しあるというから、妻と二人で話を聞こう、という場を設けた。
そしたら、息子、電子ピアノを居間に持ちこんで・・・
「翼をください」のメロディーに合わせて「お金をくださいー」って歌いやがったの!
アホか!
「今―私のー願いーごとはー」って「お金をくださいー」。もう思い出すだに笑いがこみ上げるwww
我が息子ながらアホだろ、こいつ。
パトロン募集
まぁ、替え歌の内容は「自由に海外で羽を伸ばしたい」つきましては「お金をください」という・・・テヘペロ的な内容だった。
妻にはウケてた。
「今度、おばあちゃんの前でも演奏してあげてー」って喜んでた。
そうだよ、おばあちゃん!そんな遊びの資金なら、おばあちゃんに出してもらえ!
義理母だったら、金も持ってるし、孫に甘いし!遊び半分の海外留学の資金くらい出してくれるって!
当然、海外留学は保留だよ。
俺を納得させるなら、もっと真面目にやれって言った。
そしたら息子が「すごい練習したのに」って言った。
いや、そういう練習はしなくていいの。ちゃんと、俺が金を出す意味や効果について説明しろと言ったの。
この程度で金を出す親はいないよ。おひねり程度はあげてもいいけど。
コロナパパ活
LINEパパ活

カテゴリー
木曜

ノンケの売り専

私には一つ悩みがあります。それは友達の洋子に初めての彼氏が出来ましたがその彼氏がどうやらノンケ。しかも男の彼氏もいるのにそれことに気付いていない洋子は、それを伝えても私の言葉を全く信じようとしませんでした。さらに、その彼氏はノンケの売り専をしていました。それはうちの兄によってノンケの売り専をしている事実を知りました。兄は最近おかまが経営しておるスナックに行きました。その時にノンケの売り専があることを知りサイトを覗くと友達の彼氏が写っていました。洋子の彼氏とうちの兄は高校の同級生だったので兄も友達がノンケということを知って驚いたと教えてくれました。
そんなある日、私の彼氏、健ちゃんにこの事を伝えると洋子の彼氏を会ってみたいと言いました。私も会ってみたかったので洋子に伝えると洋子も楽しそうという事になりダブルデートをしました。
男のサポート掲示板でメール交換したノンケにアマギフ詐欺に遭う
当日は遊園地に行きました。ところが洋子の彼氏は洋子がいるのに健ちゃんにやたら話しかける。そして触りまくる。私が不快に感じました。健ちゃんも事前に洋子の彼氏がノンケと知っているから俺に気があるのかと思うと怖いと私にコソッと伝えました。しまいには洋子の彼氏は健ちゃんに「一緒に乗り物に乗ろう。」と、誘ってきました。その様子を見た洋子はどう思うかな気になりましたが洋子は「彼女の私がいるのになんで健ちゃんばかり話しかけるの。健ちゃんのことを好きなの。」「そうかも。」「やだ、冗談が面白いんだから。」洋子がすごいと思いました。デートの終わりには洋子の彼氏は健ちゃんに連絡先を教えてと聞かれましたが「男に興味ないから。」とはっきり伝えて連絡先を交換しませんでした。
お金を助けて掲示板
パトロンが欲しい