カテゴリー
木曜

泊めてくれる人

僕にとって、泊めてくれる人と言えば、妹ですね。
僕は野球観戦が好きで、よく遠出をして球場まで見に行くのですが、時々、延長戦に入って帰宅の手段を失うことがあるのですよ。
そんな時、球場の近くで独り暮らしをしている妹の部屋にお世話になります。
僕と妹は隠し事のないフランクな仲で「兄貴、しょーがねーな―」とか言いつつ、笑いながら泊めてくれます。
逆に、妹にとって、泊めてくれる人と言えば兄の僕です。妹も、しょっちゅう気分転換とか言いながら泊まりに来ます。
妹とは3つ違い。小さい頃は親戚にしょっちゅう間違えられたくらい、双子のようによく似ています。違うところは、ヒゲが生えているか生えていないかくらいではないでしょうか。
ちなみに、妹にはカレシがいて、僕も紹介されました。なかなかの好青年です。
年ごろなんだから、妹にカレシがいることは別にいいんです。僕も、カノジョはいますしね。
ただ、子供の頃からずっと一緒にいるので、妹がこの青年に抱かれていることを考えると、自分が抱かれているような感覚に陥ったりもしますね。
ワリキリ
そんなわけで、ある時、終電を乗り過ごして、妹の部屋に泊まらせてもらおうと電話をしたところ「カレシいるんだけどいい?」と聞いてきました。僕は「おお、酒買っていくから3人で呑もうや」と言いましたが、今から考えると粗忽でしたね。だって、こんな時間に男と女が同じ部屋にいるなんて、やることはひとつだけでしょ?
そして、僕たち3人は、妹の部屋で酒盛りをしました。まあ、カレシも僕のことを「お兄さん」と慕ってくれていて、いい奴なんですよね。
すっかり酔いが回った僕は、まだ喋っている二人は置いておいて、先に眠ってしまいました。
その夜更け、僕が尿意に目を覚ますと、照明が落ちた部屋の隣の布団でごそごそやってるんですよ。
僕は気づきましたね。隣に兄貴がいるのに、お前らセックスするのかよ・・・って。
さすがに起きだすわけにもいかず、僕はおしっこを堪えながら、横から聞こえてくるクチュクチュと言ういやらしい音と、妹の声を殺しきれない喘ぎに、ひたすら居心地の悪さを味わいました。
そういや、大昔にこんな感じで妹とお医者さんごっこをやったっけなあ、なんて、妹とそのカレシのお医者さんごっこの情景を聞きながら、記憶が呼び覚まされましたね。
割り切り
JCと割り切り

カテゴリー
火曜

お金助けて掲示板

お金助けて掲示板で、タダマン決めたことがあります。
極度の欲求不満だったその時、とりあえず誰でもいいんじゃね?
援交でもいいしなって考えがありました。

 お金に困っている女だったら、確実だろうって考えました。
お金助けて掲示板見たところ、やっぱり書き込みがあるんです。
すぐお金が欲しい女の子とかいて、食べられるかもって気持ちになりました。

 お金助けて掲示板で、神待ちやっていた女子大生にメール送信をしてみました。
すると、結構な速さで返事が戻ってきちゃって。
飛び上がりました!
「今、ネカフェにいるんですけど、ちょっとお金なくて困ってるんですよね。お腹もすいちゃって」
「ラブホで一泊なら、お金だすこと出来るよ。飯も食わせられるよ」
返事を出したところ「本気で大丈夫ですか?〇〇駅の近くなんですけど」と、連絡がやってきました。
ちょうど良いことに、ラブホテルが近くに有りました。
「とりあえず、30分ぐらいで到着するから、連絡するわ」
「お願いします。冷やかし無しで、本気でお願いします」
彼女のメールの態度に、一発ヤレる予感を感じまくっていました。

 お金助けて掲示板の女の子に会いに、駅前まで行きました。
連絡送ると、すぐに返事がやってきて、女の子が近づいてきました。
「〇〇さんですか?お願いします」
本当にお金を振り込んでくれる男性が掲示板にいると信じてしまう
見た目といえば、まぁ中の下と中の中の中間くらいでした。
性欲満タンだったため、見た目は気にすることなく、食事をコンビニで買い込みラブホテルに連れ込んでしまいました。

 ホテル入ったら、すぐお風呂に入りたいと言い出して、先に入らせてあげました。
自分も体を綺麗にしてから、2人して食事。
落ち着いたところで、相手の体を求めていきました。
軽く触っただけで、かなりマン汁が出ていました。
感じ方も半端じゃない。
ビッチ系にテンションと性欲が、だだ上がりでした。
構うことなく挿入始めちゃって、バシバシと中で動かしまくってしまいました。
夜は、2発も決めてしまいました!

 宿泊して、翌朝起きてからまた一発!
スッキリしたところで、朝風呂決め込んで、会社に出かけて行きました。
美味しい思いが出来たし、スッキリ出来たし、ホテル代金と、軽い食事代金だけでセックスが出来て納得です。
お金がないシングルマザー
お金助けて掲示板

カテゴリー
日曜

素人と割り切り

素人と割り切りはよくやっているのだけど、先日はちょっと変わった娘がいた。
「特技はどこでも屁をこけることかな?」
なんだそれは?笑うところなのか?まあ、笑うところなのだろうと「面白いね、やって見せてよ」とお願いすると
「ブーブーブー!コマンタレブー、ビビデバビデブー、○木ブー」
と、全裸で腰を振りながら、ブーに合わせて屁を連発してくれた。これは屁芸だ。
「ガスが出やすい体質なの。でも便秘じゃないからクサくはないよ」
自分には女性の屁の匂いを嗅いで興奮する性癖はないのでそれはどうでもいいのだが、まるで深呼吸するように屁をこける彼女に感心した。
ただ、それも1回こっきりの素人と割り切りならではだろう。もし、カノジョやセフレが彼女のように屁をこきまくったら、たぶん別れることになる。
彼女が自分のそんな体質に気づいたのは小学生の頃だと言う。
同級生の女の子が教室でうっかりブッ!とやってしまい、周りの男子児童からからかわれていたところを「やめなよ!誰だって屁くらいこくんだから!」と、彼女へのいじめの目を自分に向けるためにわざと屁をこいてみせた。この時に、自分がどこでも屁をこける体質であることに気づいたそうだ。
割り切り掲示板を使って分かった相場と安全な出会い系の選び方
「まあ、そんな特技があっても一文の得にもならんけどね」
と言うわけで、履歴書の特技欄に「屁をこくこと」とも書けず、就職にもあぶれてしまって、こうして割り切りで日銭を稼いでいるそうだ。
「でも、どこかで私の特技を認めて褒めてほしいと言う気持ちもあるんだよね」
それはなんとなくわかる気はする。実は僕も「どこでもボッキできる」特技はあるが、そんな勃起芸を披露する場所はこうした素人と割り切りをやっているシーンくらいしかない。
「あはは、面白い!じゃあ、私の特技とアンサンブルしようよ」
こうして僕は、彼女の屁に合わせて勃起と委縮を繰り返してみせるコンビ芸を披露した。何だかそのリズムが面白くて、二人で大笑いしたものだ。お互いに何の役にも立たない下ネタ芸ではあるが、こうやって二人で笑い合える温かい空気ができたことに、芸は身を助くと言う言葉の意味を深く知ったものだ。
その後、彼女と会うことは二度となかった。
援交アプリ
ホ別苺