カテゴリー
日曜

素人と割り切り

素人と割り切りはよくやっているのだけど、先日はちょっと変わった娘がいた。
「特技はどこでも屁をこけることかな?」
なんだそれは?笑うところなのか?まあ、笑うところなのだろうと「面白いね、やって見せてよ」とお願いすると
「ブーブーブー!コマンタレブー、ビビデバビデブー、○木ブー」
と、全裸で腰を振りながら、ブーに合わせて屁を連発してくれた。これは屁芸だ。
「ガスが出やすい体質なの。でも便秘じゃないからクサくはないよ」
自分には女性の屁の匂いを嗅いで興奮する性癖はないのでそれはどうでもいいのだが、まるで深呼吸するように屁をこける彼女に感心した。
ただ、それも1回こっきりの素人と割り切りならではだろう。もし、カノジョやセフレが彼女のように屁をこきまくったら、たぶん別れることになる。
彼女が自分のそんな体質に気づいたのは小学生の頃だと言う。
同級生の女の子が教室でうっかりブッ!とやってしまい、周りの男子児童からからかわれていたところを「やめなよ!誰だって屁くらいこくんだから!」と、彼女へのいじめの目を自分に向けるためにわざと屁をこいてみせた。この時に、自分がどこでも屁をこける体質であることに気づいたそうだ。
割り切り掲示板を使って分かった相場と安全な出会い系の選び方
「まあ、そんな特技があっても一文の得にもならんけどね」
と言うわけで、履歴書の特技欄に「屁をこくこと」とも書けず、就職にもあぶれてしまって、こうして割り切りで日銭を稼いでいるそうだ。
「でも、どこかで私の特技を認めて褒めてほしいと言う気持ちもあるんだよね」
それはなんとなくわかる気はする。実は僕も「どこでもボッキできる」特技はあるが、そんな勃起芸を披露する場所はこうした素人と割り切りをやっているシーンくらいしかない。
「あはは、面白い!じゃあ、私の特技とアンサンブルしようよ」
こうして僕は、彼女の屁に合わせて勃起と委縮を繰り返してみせるコンビ芸を披露した。何だかそのリズムが面白くて、二人で大笑いしたものだ。お互いに何の役にも立たない下ネタ芸ではあるが、こうやって二人で笑い合える温かい空気ができたことに、芸は身を助くと言う言葉の意味を深く知ったものだ。
その後、彼女と会うことは二度となかった。
援交アプリ
ホ別苺

カテゴリー
日曜

男の娘掲示板

 ネットには、数知れずエロい動画があります。
俺はゲイじゃないんだけど、男の娘の動画に食いついてしまったのでした。
顔は、とっても可愛いのに、股間に大きなチンコがあって、不思議な感覚でした。
ぶっちゃけ、それまで感じたことがないエロス覚えちゃったんです。
ただ、ゲイじゃありませんから、さすがに本番やろうとは思わない。
でも、男の娘の可愛い顔でフェラされたらどうかな?
考えが、こっちの方向に進んでいきました。
フェラしてくれる男の娘って、いるかもしれない。
そう考えて、男の娘掲示板を使うことにしました。

 フェラ可能な男の娘を男の娘掲示板で募集していくことになりました。
最初、使った男の娘掲示板は完全無料のところ。
だけど、こちらで結果を残すことが出来ない、残念な状態でした。
より良い男の娘掲示板て何かな?
調べたところ、人気の出会い系アプリの掲示板が良いことも判明。
こちらで、フェラしてくれる男の娘を探してみました。
男の娘のセフレ

 ネット上のエロ動画で悶々とした気分が盛り上がっていました。
そんな時、掲示板の投稿を見た男の娘からの連絡が到着。
21歳、大学に通っている拓磨。
フェラは可能と言ってくれました。
問題は見た目です。
可愛い男の娘でなければ、美味しい思いが出来ません。
写メを送ってもらいました。
その写メ見たら、心が大爆発してしまいました。
超プリティ~っ!!
フェラの約束で、待ち合わせすることにしました。

 カフェで待ち合わせしたのですが、拓磨は女の子の服装で登場。
店内の男の視線が、彼に集まっていました。
本気で恋をしてもいいかもって思うほど可愛い。
これでチンコがあるなんて、嘘みたいだって感じでした。
カフェで、お喋りしたあと、公衆トイレでフェラをやって貰うことになりました。

 男の娘だってわかってるけど、ルックスがいいからマジで感激。
マジで気持ちいい。
たまったザーメンを、思いっきり拓磨の口の中に出してしまいました!
エロい男の娘
男の娘のフェラ